クレジットカードで得をしたいなら1枚に集約すべし!

以前はクレジットカードを選ぶ上で最も重視していたのが「ポイント還元率」でした。
しかし、最近では貯まったポイントの交換先も合わせて重要視するという人が増えてきています。
これは、以前なら限定されていた「ポイント交換先」の選択肢が広がったことが理由として挙げられます。

 

以前のポイント交換先
  • 商品券に交換⇒×デメリット:おつりがもらえない
  • カタログから商品を選ぶ⇒×デメリット:欲しいものがない、現金価値が分からない
最近のポイント交換先
  • ネットショッピングに1円分から利用可能
  • 電子マネーに交換
  • 複数の企業で利用できる”共通ポイント”に交換⇒様々なポイントをひとつに集約できる

このように今ではポイントを利用するシーンが限定されなくなり、現金に近い感覚で利用できるようになりました。
ここ最近では、クレジットの請求額から値引きできたり、遂には直接現金口座にキャッシュバックできたりするクレジットカードも登場しています。
要するにポイントを無駄なく、”節約”を目的としてクレジットカードが利用されるようになってきたのです。

ここで、ポイントをより無駄なく効率的に貯めるために必要になってくるのが、ポイントの集約です。

 

人気のポイント
  • Tポイント:Yahoo!ポイントが統合し、ネットでの活用シーンが大幅に拡大
  • 楽天スーパーポイント:今秋から大丸、松坂屋、サークルK、サンクス、ポプラ、ミスタードーナツ、出光サービスステーションなどのリアル店舗でも利用可能に
  • Suicaポイント:全国地域の鉄道系電子マネーの相互利用が可能

 

交換先として根強い人気
  • ANAマイル:Tポイント、楽天スーパーポイントと提携してさらに集約しやすくなりました
  • JALマイル:YAHOO!ポイントとJALマイルの相互交換が廃止に・・・

 

ポイントの交換先の選択肢は広がりましたが、ポイントの種類も数多く、さすがに全てのカードが一つのポイントにというのは無理があります。
そこで、当サイトではより効率的にポイント集約するために、メインカードとサブカードという位置付けで、ライフスタイルに合わせてクレジットカード選びを提案させて頂きます。

 

複数のクレカで貯まったポイントを集約して、効率的に無駄なくクレジットカードを使い倒そう!

 

 

楽天カード

ページの先頭へ