イオンで見つけた「WAON POINT」って?今までのWAONポイントと別物!?

最終更新: 2016年7月10日

最近イオンで見かける「WAON POINT」って?今までのWAONポイントと別物!?

 

最近、イオンでよく見かけるピンクのラメがかったカード。「何が始まった?」と思った人も多いのでは?
このカードは、2016年6月からイオンが開始した共通ポイント「WAON POINT」が貯まるカードです。(共通ポイントとはTポイントやPontaポイントなどように、色々な加盟店で貯められるポイントこと)

 

そして、とてもややこしいことに「WAON POINT」と「WAONポイント」は全くの別物!
将来的には、これらのポイントは統一されるようですが…。

 

WAON ポイント 「WAONポイント」:電子マネーWAONの支払いで貯まる ※既存
WAON POINT 「WAON POINT」 :WAON POINTカード提示で貯まる ※新設

 

大きな特徴としては、これまでと違い”現金”でのお支払いでもポイントが貯まります!

 

WAON POINTカードは加盟店で提示することでポイント200円毎に1ポイント貯まり、会員登録(無料)をすることで1P=1円でお支払いの際にポイントを使用することができます。

 

今までは、電子マネーのWAONカードやイオンカードでのお支払いでしかポイントは貯まりませんでしたが、Tカードを利用する要領でWAON POINTカードを提示すれば、現金払い、ギフトカード、イオンカード以外のクレジットカードでのお支払い時にもポイントを貯めることできるようになったのです。

 

因みに、「イオンカード」も今回のWAON POINTカードの登場により、イオングループでのお支払いでは常時ポイント2倍に変更され、今までイオンカードを利用していた方もよりポイントが貯まりやすくなったようです。

 

 

各カードの貯まるポイントの違い

カード会員
登録
支払方法ポイントポイント付与
WAON POINT加盟店
ポイント利用方法
WAON POINTカード
(ポイントカード)
WAON POINTカード
現金、商品券、
WAON以外の電子マネー、
イオンカード以外の
クレジット払い
WAON POINT0.5%
200円=1P
1POINT=1円
即時利用可
WAONカード
(電子マネー)
電子マネーWAONカード

手動登録
※2
電子マネーWAONWAON POINT
※1
0.5~0.7%
200円=1P
+月間累計500円=1P
電子マネーWAONに交換
※WAONステーション
未登録電子マネーWAONWAON ポイント0.5%
200円=1P
電子マネーWAONに交換
※WAONステーション
イオンカード
(クレジットカード)
イオンカード

自動登録
クレジットときめきポイント1.0%
イオングループ利用で
200円=2P
(その他 200円=1P)
インターネットで
ポイント交換
電子マネーWAONWAON POINT
※1
0.5~0.7%
200円=1P
+月間累計500円=1P
1POINT=1円
即時利用可
現金、商品券、
WAON以外の電子マネー、
イオンカード以外の
クレジット払い
WAON POINT0.5%
200円=1P
1POINT=1円
即時利用可
※1 「WAON POINT加盟店」以外では「WAONポイント」が貯まります。※2 6月15日までに「所有者情報(名前・生年月日・住所など)登録済み」のカードは、6月23日に「WAON POINTカード会員」に自動登録されます。

 

 

ちなみに私の場合、イオンでのお買い物は「WAONカード(電子マネー)」を利用していました。
そして、本日買い物したレシートを見ると、なんとWAON POINT会員登録をしていないのに、「WAON POINT」が貯まってる!?

 

WAON POINTが貯まったレシート

 

どうやら、イオン公式ページの「WAON POINTサービス開始のお知らせ」によると、以前に所有者情報登録(名前、生年月日、住所など)を行ったWAONカードは、自動的にWAON POINT会員登録が行われていたようです。

 

う~ん、結局のところ「WAON POINTカード」を作るメリットはあるのか?という疑問が残る方もいらっしゃるかと思います。というわけで、
まずは、「WAON POINTカード」の特徴をまとめてみました。

 

WAON POINTカードのお得情報

WAON POINTカードを提示すれば、
① 毎月20・30日「お客さん感謝デー」 は5%OFF!
② 毎月5日「お客さまわくわくデー」はポイント2倍!
③ ボーナスポイント対象商品を購入するとボーナスポイントプレゼント!

 

これらは、今までのWAONカードやイオンカードを利用した場合と同じキャンペーンになりますね。
しかし!現金やイオンカード以外のクレジットカード払いでもキャンペーンが適用されるというのは、かなりの耳より情報です!詳しくは後ほど…

 

ウォーキングでポイントが貯まる

歩数計アプリ(RenoBody)をダウンロードして、1日8,000歩達成すると1WAON POINTが貯まります。
普段から運動している方は、普段どおりの生活をするだけで1日1円分のポイントが貯まることになりますし、あまり運動をしない人でも、こういった目標があるだけで運動するキッカケにもなるので、個人的には結構嬉しい特典です!
8/31まではキャンペーン中につき、ポイント3倍!

 

ポイントをシェアできる

WAON POINTは家族でまとめたり、友達にプレゼントすることが可能です。
分散したポイントを家族間でまとめられれば、使用するときも一気に使えて意外に便利かもしれないですね!

 

 

新ポイントカード「WAON POINTカード」の特徴をまとめたところで、
最後に、肝心の「WAON POINTカード」を作るメリットについて・・・

 

 

イオングループでのお買物でも超ポイントゲット!最大2.0%還元!

まず、今まではイオングループでポイントを貯めるなら、「電子マネーWAON」か「イオンカード(クレジット)」で支払いをする必要がありました。そして、WAON POINTカードの登場により”現金やイオンカード以外のクレジットカード払い”でもポイントが貯まることになった…。ということは、

 

つまり、WAON POINTカードを提示して、高還元率のクレジットカードで支払いをすれば、WAON POINT+クレカの高還元率ポイントを貯めることができるというわけです!

 

例えば、イオンで1,000円の買い物をした場合、

  • 現金払いだと、0.5%(WAON POINT)
  • 電子マネー「WAON」だと、0.5~0.7%(WAON POINT)
  • 「イオンカード」だと、1.0%(ときめきポイント)
  • 「P-one WIZ」だと、1.5%+0.5%=2.0%(ポケットポイント+WAON POINT)

 

このように、高還元率のクレジットカードを併用すると、よりお得にポイントが獲得できるようになります。

 

検証のため、またイオンへ行って「iD(dカード)」と「P-one WIZ(クレジットカード)」で支払いをしてみましたが、WAON POINTカードの提示で、しっかりポイントをGETできました!

 

WAON POINTカードとWAONカードの提示

 

そして念のため、店員さんに「WAON POINTカードでなく、WAONカードの提示でもポイントが付くか?」聞いてみましたが、それはダメでした。WAONカードは、やっぱり電子マネーとして支払いした場合のみポイント付くそうです。

 

因みに、イオンで利用できる電子マネーやクレジットカードは次の通りです。

  • 電子マネー:WAON/iD/QUICPay/au WALLET/Suica/PASMO/ICOCA
  • クレジットカード:VISA/MasterCard/JCB/AMEX/Diners

 

ポイントをより多く貯めて、お得な買い物をしたい!というなら、ポイント還元率の高いクレジットカードを選んでみるのも一つではないでしょうか?

 

おすすめクレカのリンク

 

虎の巻-総括-

Q.WAON POINTカードって何?
― 共通ポイントカード
― 200円で1P(0.5%)の「WAON POINT」が貯まる
― 現金払いでもポイントが貯まるようになる

 

Q.WAON POINTカードを作ると得する人は?
― 現金払い、イオン以外のクレジットカード払いをする人
― 今後WAON POINT加盟店が増えていくと予想されるので、そういった加盟店を多く利用する人

 

Q.一番WAON POINTが貯まる方法は?
― WAON POINTカードを提示して、ポイント還元率の高いクレジットカードで支払いする。

 

 

 

楽天カード

ページの先頭へ