余った外貨を電子マネーに簡単両替!7月に羽田国際空港ターミルナルに登場!

最終更新: 2016年7月10日

日本初!海外旅行で余った外貨を電子マネーに両替できる「ポケットチェンジ」が羽田空港国際ターミナルに登場!

 

 

ポケットチェンジは海外旅行で余ったりした外国硬貨や紙幣を投入すると、簡単な操作で電子マネーやギフトコード、クーポンに両替できる端末です。
2016年7月から羽田空港国際線ターミナルに設置予定で、今後様々な場所へ展開していくようです。
対応通貨は、米ドル、ユーロ、日本円(2016年6月1日現在)。対応電子マネーは全国の交通系IC(SuicaやPASMO)、楽天Edy、Amazonギフト、iTunesコードとなっています。

 

ポケットチェンジの使い方は、とっても簡単・スピーディ!
端末のタッチパネルで交換先サービスを選択して、お金を投入するだけで完了。氏名や住所、電話番号などの個人情報の入力は一切不要なので、手間もなく、安心してりようできます。また、硬貨もまとめて投入できるので早くて便利!

 

海外旅行から帰ってきて余ったお金は、わざわざ銀行や両替所に持って行くのも面倒だったりします。実際、「海外旅行者の外貨についての意識調査」(2015年9月 ソニー銀行株式会社 調べ)によると、海外旅行経験者の約9割が「外貨が余ったことがある」経験があり、またそのうちの15%の人しか帰国後に両替に行っておらず、自宅にそのまま保管している人が大半を占めていることが分かります。

 

ポケットチェンジなら両替手数料も銀行より安く、簡単に、すぐに両替が出来てしまうのでタンスの肥やしになることもありません。
まだまだ設置場所は少ないですが、海外旅行帰りに羽田国際空港で利用してくると便利です。

楽天カード

ページの先頭へ