クレジットカードとキャッシュカードの違いは?様々な角度から徹底分析!

いまさらかもしれませんが、クレジットカードとキャッシュカードは何が違うのか、色んな面で比較してみました。

 

まず、それぞれの英語の意味を調べてみました。

  • キャッシュカードの「Cash」=現金、現金払い、即時払い
  • クレジットカードの「Credit」=信頼、信用、評判、信じること

この意味の通り、クレジットは「あなたを信じているからお金貸しますよ!きちんと返して下さいね。」というように、カード利用者を信用して、初めてカード会社がクレジットカードを発行してくれるのです。
だからクレジットカード発行の前には必ず、「この人はきちんと返済してくれるだろうか?」という”審査”が必要になるのです。
カード会社も慈善活動ではないので、しっかりと貸したお金は回収しなければいけませんからね。

 

次に、根本的なそれぞれのカードの使い方をまとめてみました。
キャッシュカードの場合

銀行口座に預けている現金を、銀行やコンビニATMで引き出すことができるイリュージョンカード
(もちろん、引き出せる金額は銀行口座に預けている金額の範囲内になりますよ。)
しかし、ATMを利用する時に手数料がかかってしまったり(無駄な出費)、ATMが近くにない場合は困ります・・・

クレジットカードの場合

お買い物の支払い時にカード払いにすると、現金がなくても支払が完了してしまう魔法のカード
もう一つの使い方は、キャッシュカードと同様にATMで現金を引き出すこともでき、キャッシングローンといいます。
(実際は、このときカード利用額分をカード会社さんが立て替えてくれているんです。)

銀行口座に預けているお金を引き出している訳ではないので、「カード利用金額=銀行口座の預金額」ではありません。カード会社が決めている毎月の限度額の範囲内であれば利用可能です。そして、カードで支払った金額分を翌月以降に一括or分割で返済していきます。

 

一昔前までは「クレジットカードを利用する際は、返済が遅れるとペナルティ(遅延損害金)を受ける場合があるので、きちんとと返済できる分だけクレジットカードを利用するように気をつけましょう。」というように、ちょっとクレジット利用に抵抗ができやすいイメージでしたが、最近では、クレジットカードを利用した額に応じて貰えるポイントシステムの充実により、「クレジットカードをどんどん利用して、ポイントを貯めよう!」という印象に変わってきていて、カード利用者数と併せてカード発行枚数も急増しています。

 

実際、主婦たちの間ではクレジットカードをうまく利用して、貯まったポイント分で最新家電製品を購入したり、国内や海外旅行の航空券を手に入れて家族旅行をしたりという家庭が増えています。
普段の生活でクレジットカードをしっかりと使えば、1回で貯まるポイントは少なくとも、コツコツと貯めていればその努力が報われる日が来る。それが、ご褒美となって「たまの贅沢としてぱーっと使う!」これが最近の流行のようです。

 

楽しみの一つとしてクレジットカードを利用できるのが、一番うまく使う使い方かもしれません。

 

 

楽天カード

ページの先頭へ