クレジットカードを同時期に複数申し込むときの注意点

現在、クレジットカードの保有率は87%に上り、その平均所持枚数は3.3枚となっています。
ここには引出しにしまい込まれたままの休眠カードも含まれますが、実際に複数枚のカードをうまく使い分けている人も多いということが分かります。
クレジットカードはスーパーやショッピングモール、ガソリンスタンド、カフェ、外食店など多くの場所で利用でき、ポイントも貯まるし、割引などのお得な特典が受けられたりするので、複数枚所持していても損はありません。

 

では、自分が欲しいカードがいくつか見つかったとき、申込みはどうすればいいのでしょうか?
ここで気になるのが、同時に複数枚申込んだ時の審査だと思います。

 

複数のカードを短期間に申込みをしても大丈夫?

結論を言えば、短期間に複数カードの申込みをすると、審査は通りにくくなってしまいます。
クレジットカード会社は審査する際に、「信用情報機関CIC」という機関で申込者の個人情報を確認します。
ここにはクレジット申込やローンの契約に関する情報等が保管されており、過去6ヶ月まで遡って照会することができるのです。クレジット会社はこうした情報や申込み内容を元に、顧客の「信用」を判断していきます。

ここで、もし同時期に複数申込みしている記録が残っていれば、審査する側は「お金に困っている人」と認識する傾向にあり、結果、審査に落ちやすくなってしまうわけです。

 

複数申込みでも審査を通すには?!

クレジットカード審査の具体的な内容というのは、世間一般には明かされていないので、たとえ複数枚のカードを同時に申込んだ場合でも、審査に通ることもあります。

 

審査を通すためにできること
  • 審査結果が出ないうちは、次のカードを申し込まない!
  • 比較的審査が甘いと言われているカードに落ちたら、その後6ヶ月間は申し込みをやめよう!
  • 短期間で複数枚申し込みたいなら、一度にまとめて申込まず、少し期間をあけながら申し込もう!
  • 複数申し込みは、多くても3~5枚程度までにしておこう!
  • 申込み時、”キャッシング枠”は0円に設定しておこう! ←結構大事!
  • すでに所有しているクレジットカードのキャッシング枠は、基本的に0円にしておこう!
  • 不要になったカードの解約は、審査結果が出てからにしよう!
  • 一度もクレカに申し込んだことがない場合は、比較的審査が甘いカードから申し込もう!

 

審査に落ちるかもしれない・・・と悲観的にならずに、少しでも通りやすくする方法を学んで、自分に合ったお得なクレジットカードを手に入れましょう!

 

楽天カード

ページの先頭へ