FeliCaとNFCの違いって何?TypeA/Bとは?機能・活用法など

最終更新: 2018/10/22
FeliCaとNFCの違いって何?TypeA/Bとは?機能・活用法など

 

電子マネーを使っていれば「NFC、FeliCa(フェリカ)、TypeA/B」という用語は一度は耳にしたことがあるでしょう。しかし、聞いたことはあっても違いが分からないという方も多いのではないのでしょうか?

 

最近では、Apple社のiPhone7よりFeliCaにも対応したApple Payが追加されて話題になりました。
そんな中、Apple PayやNFC、Feliaなど耳にするけど、違いが分からないという人も多いと思います。
今回は、これらの違いを解説していきましょう!

 

 

NFC(エヌエフシー)とは?

NFCマーク

 

まず、FeliCa(フェリカ)やTypeA/Bを説明する前に「NFC」について説明します。 

 

NFCとは「Near Field Communication」の略で、10㎝程の近距離無線通信の規格を意味し、非接触通信とも呼ばれます。例えば、おサイフケータイのように、かざすだけで電子マネー決済やデータ通信ができたり、NFC機能が搭載された機器にタッチするだけでペアリングが可能になるため、体重計、プリンタ、家の鍵などにも使用されています。

 

TypeA/Bとは?

NFCにはTypeAやTypeBなどの規格があり、TypeAはオランダのPhilipsが開発した比較的安価で使用できるタイプのもの(日本ではタバコを購入するためのtaspoに利用)で、TypeBはアメリカのMotorola社が開発し、セキュリティレベルの高さから日本ではマイナンバーカードや運転免許証、パスポートにも使用されており、これらの技術をまとめてNFCと呼びます。

 

 

FeliCaとは?

FeliCaマーク

 

一方、FeliCa(別名:TypeF)もNFCの規格の一つなのですが、ソニーが日本仕様に独自のセキュリティ機構を盛り込んで開発したため、日本だけで利用されるガラパゴス規格となってしまいました。しかし、このFeliCaのおかげで、通勤ラッシュの混雑時でも、素早く正確に読み取ることができるので、混雑を軽減することにつながったのです。

 

FeliCaはTypeA/Bより処理速度が高速のため、JRで導入されました。現在は、コンビニなどでもWAONやnanacoなど様々な電子マネーカードにFeliCaの技術が使われています。
FeliCaと言えばおサイフケータイのように決済システムと捉えがちですが、ソニーによって開発された非接触型ICカードの通信技術の名称であり、このチップを携帯電話に搭載したものがおサイフケータイと呼ばれているものです。
なので、FeliCaの技術は様々なところで利用されており、社員証としてオフィスの入退出時の認証管理や、イベントやスポーツ観戦のチケットにも利用されています。

 

つまり、FeliCaにはさまざまな活用方法があり、その一つとして「おサイフケータイ」という決済手段があるというわけです。

 

 

まとめ

これらは読み取り機や端末の仕様が異なるものの、使われている周波数などは同じなので、仕組み自体にそれほど差はありません。一番の大きな違いは、利用されている国とおいう点でしょう。
TypeA/Bは世界中で利用されていますが、FeliCaは日本独自の仕様のため、日本以外では香港などの一部地域でしか利用できません。
このため、現在はTypeA/BがNFCの国際標準規格となっています。

 

しかし、AppleがFeliCaを搭載したiPhoneを発売したり、日本でTypeA/BのNFCが利用できる場が増えてきたことで、将来的には世界でおサイフケータイが利用できるようになる日が訪れるかもしれません。

楽天カード

ページの先頭へ