iDとQUICPayは何が違う?どちらを選べばお得なのか?

最終更新: 2016/06/09

電子マネーって色々あるけど、何が違うの?

電子マネーというとEdyやSuica、waon、nanacoなどを思い浮かべるかと思いますが、これらは事前チャージが必要な「前払い方式」と言われる電子マネーです。
一方、iD(アイディ)とQUICPay(クイックペイ)は「後払い方式」と呼ばれる電子マネーで、事前チャージ不要です。
会計時におサイフケータイや電子マネー搭載カードを読み取り機にかざすだけで決済が完了するので、「電子マネーの残額が足りるかな・・・?」なんて気にする必要も一切ありません。

では料金はいつ、どこから支払われるのか?
iD と QUICPayの違いを比較

まず、後払い方式の場合はチャージが不要となる代わりに、事前にクレジットカードを紐付け(登録)しておく必要があります。すると、電子マネーで決済した料金は、指定したクレジットカードへ請求がいきます。このように、後日クレジットカード会社にまとめて料金を支払う仕組みのため、「後払い方式」と呼ばれているのです。
「後払い方式」の電子マネーで料金を支払うと、紐付けされたクレジットカードの”ポイント”や”マイル”が貯まるようになっているので、還元率の高いクレジットカードが登録することで、ポイントもより貯まりやすくなります。

「iD」と「QUICPay」の違いは?

それでは本題の「iD」 と 「QUICPay」の違いを説明していきます。
それぞれの詳しい解説については「iDについて」「QUICPayについて」をチェック!
基本的に使い方は同じで、使用できる場所対応しているクレジットカードの種類などに違いがあります。

運営会社の違い
ここはそれほど気にする必要はありません。ふ~ん程度でOK!
iDQUICPay
運営会社 NTTドコモ DCMXカード、三井住友カード、オリコカード、大和ハウスフィナンシャル

利用できるツールの違い
iDもQUICPayもクレジットカード一体型カードや電子マネー専用カード、おサイフケータイで利用できます。
QUICPayではさらに種類が豊富で、10歳以上から使えて利用金額が制限可能な「おこづかいQUICPay」なるものも存在します。
種類iDQUICPay特徴
① クレジットカード一体型クレジットカードと電子マネーが一体になっており、携帯性◎常に財布を持ち歩く方におすすめ!
② 専用カード電子マネー専用のカード。社員証のIDケースに入れておくなどの使い方も便利!
③ おサイフケータイおサイフケータイで利用可能 (iDはドコモのみ対応)鞄から財布を出す手間がないので、スムーズな支払が可能!
④ nanacoカード一体型×nanacoカードとQUICPayが一枚になり、nanacoのポイントも貯まる
⑤ コイン型×ランニング時にリストバンドに装着したり、コインケースに収納して利用できる
⑥ キーホルダー型×ANA国内線搭乗がタッチでできる「スキップサービス」、クイックペイ、nanacoの機能が1枚に。※ANA JCBカード限定
⑦ おこづかいQUICPay×小学校4年生(10歳)から利用可能で、利用金額の制限が可能 ※利用はおサイフケータイのみ

iDとQUICPayの利用方法の比較


対応しているクレジットカード会社の違い
iDとQUICPayを利用するにはクレジットカードはどれでも良いわけでなく、それぞれ対応しているカードを用意する必要があります。さらにおサイフケータイで使用したい場合も、対応している携帯・スマートフォンを用意しなければいけません。
利用方法は以下の3通りあります。
  • 電子マネー機能付き「クレジットカード(一体型)」
  • 電子マネー機能のみ付いている「専用カードタイプ」
  • おサイフケータイが使える「スマホ・携帯」
iDQUICPay
カード会社
  • DCMXカード
  • 三井住友カード
  • オリコカード
  • 大和ハウスフィナンシャル
  • ペルソナSTACIAカード
  • VJAグループ(ゆうちょ銀行など)
  • JCB
  • トヨタファイナンス
  • オリコカード
  • セディナ
  • 日専連
  • UCSカード
  • アプラス
▼おサイフケータイのみ対応
  • イオン銀行
  • クレディセゾン
  • UCカード
  • ライフカード
  • セディナ
  • ポケットカード
▼おサイフケータイのみ対応
  • UCカードグループ
  • クレディセゾン
  • 三菱UFJニコス
  • セブン・カードサービス
  • American Express International, Inc
おサイフケータイ ▼対応している携帯会社
NTTdocomoのみ ※一部、非対応
▼対応している携帯会社
NTTdocomo、SoftBank、au、Y!mobile
上の表を見ると、現在は対応しているクレジットカード会社の数はほぼ変わりません。
しかし、もしおサイフケータイで「iD」を利用したいのであれば、ドコモでしか利用できないので注意しましょう。
既に上記のクレジットカードのいずれかを所持している場合は、カード会社に電子マネーの利用を申し込めば利用できる場合があるので、カード会社に確認してみてください。

加盟店の多さ(使える場所)で比較
iDQUICPay
コンビニ 17種類セブンイレブンローソンサンクスファミリーマートミニストップデイリーヤマザキセイコーマートなど) 15種類セブンイレブンローソンサンクスミニストップファミリーマートデイリーヤマザキセイコーマートなど)
スーパー・ショッピングセンター イトーヨーカドーイオン、ビブレ、メガマート、マックスバリュ、まいばすけっと、光洋、ウエルマート、ジョイ、フードセンター、ホームワイド、ザ・ビック、フォーラス、アル・プラザ、平和堂、フレンドマート、エール、アピタビアゴなど イトーヨーカドー、近鉄百貨店、阪急百貨店、イオン、アークスグループ、ダイイチ、平和堂、松源、オーケー、マルヨシセンター、アピタビアゴなど
その他加盟店 ガスト、牛角、プロント、マクドナルド、紀伊國屋書店、ゲオ、タワーレコード、ブックオフグループ、コジマ、ブックカメラ、ヨドバシカメラ、シダックス、BIG ECHO、ツルハドラッグENEOS、ザ・ダイソー、ドン・キホーテ、タクシー23社など マックハウス、ゲオヨドバシカメラコジマツルハドラッグ、ロイヤルホスト、ENEOS、昭和シェル石油、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン、東京タワー、キッザニア、タクシー12社など

黄色は共通加盟店(2016/06/09 時点)

この表を見ると加盟店数はまだまだiDの方が多く、iDしか使えない店舗はあっても、QUICPayでしか支払ができないというお店は少ないというのが現状です。

その他の違い
iDはおサイフケータイでの利用に限り、海外で利用することが可能です。ただ、設定が必要だったり、店員さんへ説明する必要が生じる等、スムーズにいかないこともあるので注意が必要です。
海外ではクレジットカードが主流なので、心配であれば電子マネーはあまり使わない方が無難かもしれません。
QUICPayは海外では利用できませんが、色々なおトクなキャンペーンを実施しているというメリットがあります。
現在は「毎週土日は総額100万円!(1,000円×1,000名様)」「Apple Payで毎月総額919万円!」「ツルハグループでQUICPay!もれなく3%キャッシュバック」といったキャンペーンを実施しているので、電子マネー利用分のポイントのみならず、キャッシュバックなどのお得な特典が手に入ります!

虎の巻のオススメ!

iDとQUICPayは何が違う?どちらを選べばお得?


iDが利用できる環境が整っていれば、より多くのお店で使用できるiDの方が便利かもしれません。
しかし、QUICPayも加盟店が増えてきているので、自分がよく利用するお店が対応しているのであれば、不便なく利用できるでしょう。

どちらか決められなければ「両方使う」という方法もあります。
個人的には、キャンペーンが豊富なQUICPayを主に利用して、使えない店舗があればiDを利用するという使い分けをするのがおすすめです!

iD/QUICPayに対応しているクレジットカード

▼ iDに対応
カード名
年会費還元率対応電子マネー
オリコカードザポイント
無料0.5%~2.5%iDQUICPayApplePay非対応
dカード
1,250円+税
(年1利用で無料)
1.0%iDQUICPayy非対応ApplePay
三井住友VISAクラシックカード
1,250円+税
(学生は無料)
0.5%iDQUICPayy非対応ApplePay
▼ QUICPayに対応
カード名
年会費還元率対応電子マネー
オリコカードザポイント
無料0.5%~2.5%iDQUICPayApplePay非対応
リクルートカード
無料1.2%iD非対応QUICPayApplePay非対応
セゾンカードインターナショナル
無料0.5%iDQUICPayApplePay

楽天カード

ページの先頭へ