消費税10%に!キャッシュレス決済のポイント還元制度で一番お得なのは?

最終更新: 2019/09/08
消費税10%に!キャッシュレス決済のポイント還元制度で一番お得なのは?

 

2019年10月1日からの消費税増税(8%→10%)が目前に控え、同時にスタートする「キャッシュレス・消費者還元事業(ポイント還元)」制度にも注目が集まっています。そこで、今回はまだ仕組みをよく理解していない方のために、具体的な制度の内容や、気を付けておくべきことを詳しく解説していきたいと思います。

 

 

消費増税に関する覚えておくべきこと

10月1日から始まる消費税増税に関連する内容で、消費者が覚えておくべきことをまとめました。把握すべきことは大まかに3種類です。

 

①消費税が8%から10%に上がる
消費税が2019年10月1日、8%から10%になることが決定しました。今回の増税は一律10%になるのではなく、一部品目について軽減税率8%が適用されることになっています。

 

②軽減税率にいて
飲食飲料品(アルコール分1%未満)、テイクアウト、出前、週2回以上発行される定期購読の新聞などが軽減税率の対象となり、税金は10%ではなく8%に据え置きとなります。

軽減税率:8%の対象品目

 

③キャッシュレス決済で「2%または5%のポイント還元」
この制度は消費税増税による買い控えへの対策や、消費者や中小規模業者に対してキャッシュレス決済を推進することを目的として実施されます。
指定されたキャッシュレス決済で買い物をすると、原則として購買金額の5%、フランチャイズチェーン傘下の中小・小規模店舗等では2%が還元されます。
大手量販店などの大企業や、病院、住宅などの一部除外品目(※1) についてはポイント還元の対象外です。

 

ここからは、③キャッシュレス決済でのポイント還元制度を中心に解説していきます。

 

 

ポイント還元「2%or5%」の違いについて

「ポイント還元制度」は2019年10月~2020年6月の9ヶ月間実施されます。
中小企業(資本金5000万円以下)を中心とした店舗を対象とし、指定されたキャッシュレス決済で買物をすると、2%または5%を還元するという制度です。

 

キャッシュレス決済のポイント還元率

 

コンビニやガソリンスタンドなどのチェーン展開しているフランチャイズ各店舗(直営店を除く)では2%の還元が受けられ、それ以外の個人商店などは購買金額の5%還元となっています。(※コンビニ大手の直営店については、自社負担で還元を予定)

 

消費税は8%から10%に上がってしまいますが、ポイント還元5%の対象店舗でキャッシュレス決済すれば、実質的に「10%(消費税)-5%(還元分) = 5%」の税金を支払ったことになり、消費税8%の時より3%も安くなるという嬉しいメリットもあります!

 

ポイント還元方法は4種類ある

還元方法は大きく4種類に分けられます。
付与される時期も即時~3ヶ月後までと、決済方法によってことなります。

 

  • ポイント付与・・・決済額に応じたポイント、またはプリペイド式電子マネーに残高にチャージとして還元(クレジットカードや電子マネーなど)
  • 即時充当・・・購買時に、即時、購入金額に応じたポイント相当額を充当(QRコード決済やコンビニなどでのキャッシュレス決済時)。
  • 引落相殺(請求時値引き)・・・口座から引き落とす際に、ポイント相当額を引き落とし額から相殺(主にクレジットカード)。
  • 口座充当・・・少なくとも一月以内の期間毎に口座にポイント相当額を返金(主にデビットカード)。

 

還元制度を利用する前に、注意することは?

ここで注意が必要なのは、中小企業といっても全ての企業が対象となるわけではありません。
ポイント還元制度に参加する手続きを取っていない企業であれば、ポイント還元は受けられないということです。
さらに、決済方法についても全てが対象となるわけでなく、同じように決済事業者が手続きを行っていなければ、その決済方法ではポイント還元制度が適用されません。

 

事前に確認しておくべきこと
  • 自分のよく利用する店舗は制度の対象か?
  • 対象店舗で利用できるキャッシュレス決済は何か?
  • 持っているクレジットカードやスマホ決済は制度の対象か?

 

複雑にも思えますが、自分がよく利用する店舗が対象となるのか?決済手段は何が対象か?をしっかり確認しておくことで混乱せずに、お得なポイント還元制度が活用できると思います

 

 

2019年10月からのポイント還元制度を利用するために、事前にキャッシュレス決済手段の準備を整えておきましょう!

 

おすすめの「キャッシュレス決済手段」は?

消費税10%に!キャッシュレス決済のポイント還元制度で一番お得なのは?

ここからは、「キャッシュレス・消費者還元事業の決済事業者」に登録済のおすすめのキャッシュレス決済手段をご紹介します!

 

おすすめの"クレジットカード"は?

メジャーなクレジットカード会社はほぼ対応していますが、今後も長く使っていくために、「使いやすく、年会費が無料で高還元のカード」をピックアップしました!

 

今だけ!20%キャッシュバック実施中のクレジットカード

カード名ブランド年会費還元率旅行保険
12月15日まで

JCB CARD W
JCB CARD Wカードのデザイン

JCB無料1.0%海外:2000万(利用)
国内:-

JCB CARD Wキャンペーン

Apple Pay・Google Pay利用で20%還元
39歳以下・WEBのみ受付の限定カード!40歳以降も無料で継続できるお得なJCBカードで還元率は常時2倍の1%還元!安心の海外ショッピング保険付き!

VISA
マスターカード
1,250円+税 ※1
(初年度無料)
0.5%海外:2000万(利用)
国内:-

三井住友VISAクラシックカードキャンペーン

Vpassアプリログインで利用額の20%還元
さらに抽選で10万本のお買い物がタダに!12月29日まで

社会人の定番!世界シェアNo.1のVISAブランドは歴史があり信頼が厚い!セキュリティも強固でビジネスマンに人気!電子マネー「iD」搭載だから、コンビニなどの少額決済にも便利!

※1 在学中は年会費無料、また条件達成で年会費無料

 

年会費無料!人気の高還元率クレジットカード

カード名ブランド還元率旅行保険
visaカード マスターカード1.25%海外:2000万(自動)
国内:1000万(利用)
ジャックスカードと価格.COMが提携して発行!

1.25%の高還元率な上、ポイントはJデポ(請求額からポイント分を割引できる)に交換できるので、ポイント交換に困ることなし!海外旅行保険は自動付帯!

マスターカード JCB1.0~2.0%-
カード一枚でiD・QUICPayも使える!

常時1.0%還元!ポイントモール経由なら+1.0%以上のポイント還元(AmazonやYahooショッピングも計2.0%還元)!入会後6ヶ月間はポイント還元率が常時2.0%にUP!ポイント交換はリアルタイム交換も可能!

visaカード マスターカード JCBカード アメックス1.0%海外:2000万(利用)
国内:-
楽天市場をよく利用するならコレ!

楽天市場での買い物なら3%還元!海外旅行保険(利用付帯)付きで、楽天ポイントはマクドナルドやミスド、ツルハなどの店舗でも利用可能!

 

 

おすすめの"スマホ決済"は?

なんといっても大規模な還元キャンペーンを繰り出している「PayPay(ペイペイ)」がおすすめ!消費増税時にも還元キャンペーンを開催する予定なので、お得な買い物をするためには要チェック!

 

PayPay(ペイペイ)

PayPay-QRコード・バーコードで支払うスマホアプリ

PayPay-QRコード・バーコードで支払うスマホアプリ

開発元:PayPay Corporation
無料
AppStoreからダウンロード
GooglePlayで手に入れよう

 

Yahoo! JAPANカードでチャージすると合計2.5%還元に!
PayPay残高 or Yahoo!マネーで支払うと還元率1.5%!唯一、PayPay残高にチャージ可能な「Yahoo! JAPANカード」でチャージすれば、1%分のTポイントを含めて合計2.5%還元に!

還元率利用方法主要コンビニ
通常 最大1.5%
(キャンペーンで最大20%)
・PayPay残高
(現金/銀行口座/Yahoo!JAPANカード)
・Yahoo!マネー
・クレジットカード

 

楽天ペイ

楽天ペイ-かんたん、お得なスマホ決済アプリでキャッシュレス!

楽天ペイ-かんたん、お得なスマホ決済アプリでキャッシュレス!

開発元:Rakuten,Inc.
無料
AppStoreからダウンロード
GooglePlayで手に入れよう

 

楽天ペイは常時0.5%還元!高還元クレジットカードと紐付けしよう!
対応したクレジットカード「Visa/Mastercard/全ての楽天カード」を紐付けるだけで、簡単の楽天ペイが利用可能!利用時は0.5%(200円毎に1ポイント)のポイントが付与され、紐付けたクレジットカードのポイントも貯まる!

還元率利用方法主要コンビニ
通常 0.5%
(キャンペーンで最大5%)
+クレジットカードの還元率
・クレジットカード紐付け
(Visa/Mastercard/全楽天カード)
・楽天ポイント

 

 

 

※1 ポイント還元除外品目(見込み)
換金性の高い品目や、住宅や自動車といった「特別な支援」を受けることができる品目、消費税が元々付加されてない非課税商品についてはポイント還元除外品目の見込み
換金性の高い品目
商品券、切手、印紙、プリペイドカード、投信、株式、債券、外国為替、
特別な支援が受けられる品目
車、住宅
非課税品目
病院、薬局、介護サービス、学校(授業料、入学金、受験料等々)

 

スマホ決済キャンペーン2019年11月版
楽天カード

ページの先頭へ