クレジットカードが使える場所は?加盟店とは?

クレジットカードが使える場所は?加盟店とは?
最近はクレジットカードの普及が急増してきていることに伴って、クレジット支払ができる環境も広がってきました。
以前はレストラン、ホテル、実店舗、航空運賃などでの利用が多く見受けられましたが、ネットショッピングからコンビニ、公共料金などありとあらゆる場所で利用できるようになっています。
とはいってもカード払いができない場所もたくさんあります。基本的にクレジットを利用できるのはクレジットカード会社と提携してる店舗・企業のみで、これを「カード加盟店」といいます。
そして、カード会社と提携した加盟店以外でも利用することができます。
それが、国際ブランド「VISA、マスターカード、JCB、アメックス、ダイナース」というやつです。
各国際ブランドが付いているお店であれば、カード会社の加盟店でなくても利用できます。
世界中のVISAが使えるお店ではVISAのマークが付いたクレジットカードが使えるということです。

 

日本の場合は、VISA、マスターカード、JCBの3つの国際ブランドが使えるお店が多いので、これらのブランドのカードをそれぞれ所持していれば、クレジットカードが利用できるお店ではほぼ確実に支払は可能です。
複数枚jクレジットカードを所持する場合は、なるべく違う国際ブランドのカードを選ぶようにするとなにかと便利です。

 

カード加盟店とカード会社の関係性について

カード会社は、カード会員が支払う年会費とカード加盟店からの加盟店手数料を収益としています。
カード加盟店は、カード会社に手数料を支払わなければいけません。かといって、お客さんに手数料を負担させるということはカード会社の方から許されていません。
では、カード加盟店のメリット何なのか?
それは、例えばお客さんが高額商品を買おうとしている時、もし現金を持ち合わせていなくてもクレジットがあれば購入してもらえるということ。他には、カード払いが便利だったり、ポイントが貯まるという理由でカード払いができる店舗を選ぶお客さんが増えているということが挙げられます。

楽天カード

ページの先頭へ