Google Pay(グーグルペイ)対応クレジットカードや使い方を解説!

最終更新: 2019/08/24
Google Pay

 

Google Payは、電子マネーやクレジットカード、ポイントカードを登録すると一元管理することができ、さらに登録したクレジットカードで電子マネーにチャージすることで、電子マネーが使えるお店であればスマホ一つで支払いができるアプリになります。

 

今までおサイフケータイで利用する場合は、モバイルsuicaはモバイルsuicaの専用アプリ、nanacoならnanacoの専用アプリが必要でしたが、GooglePayは一つで「Suica、nanaco、楽天edy、WAON、QUICPay、iD」「T-POINT、d POINT」が一括管理でき、直接サービスを利用することができます。

 

 

Google Payの特徴

Google Payは対応電子マネーの種類が多く、ポイントカードも登録できます。
事前チャージが必要なプリペイド式である「Suica、nanaco、楽天Edy、WAON」と、チャージ不要のポストペイ式の「QUICPay、iD」に対応した全ての店舗で支払いが可能で、Google Playでアプリを購入する際にも利用できます。

 

対応機種 おサイフケータイ対応のAndorid端末(Android5.0以降かつFeliCa搭載端末おサイフケータイ アプリ6.1.5以上)
対応電子マネー プリペイド式:楽天Edy、nanaco、WAON、Suica
ポストペイ式:QUICPay、iD

Google Payが使える電子マネー

対応ポイントカード T-POINT、d POINT

Google Payが使える電子マネー:TポイントGoogle Payが使える電子マネー:dポイント

利用できる場所 各電子マネー(Suica、nanaco、楽天Edy、WAON、QUICPay)に対応するすべてのお店で使用可能
Web サイト・アプリ バニラエア、BookLive、スペースマーケット、JapanTaxi、creema、日本美食、えこよみ、minne

 

Google Payに登録できるクレジットカードは?

Google PayはJCB、Mastercard、Amex、VISAの4ブランドに対応しており、日本で発行されたほとんどのクレジットカードが登録可能です。
(楽天カード、三菱UFJニコス、エポスカード、オリコカード、セゾンカード、ジャックス、セディナカード、三井住友カード、UCカード、UCSカード、ライフカード、ポケットカード、JCB発行カードなど)

 

電子マネーによってチャージ可能なカードは異なり、ポイントが2重取りできるクレジットカードも存在するので、よりお得に使えるクレジットカードを選びましょう!

 

 

Google PayでSuicaを使ってみる

グーグルペイにスイカを登録

Google PayのSuicaを利用する メリット・デメリット

メリット
  • Suicaカードがなくても、Google PayアプリからSuicaが発行可能
  • 既に利用中のモバイルSuicaを追加することが可能(機能は制限される)
  • 年会費無料
  • 1円単位のチャージが可能
  • 複数のクレジットカードを登録して利用可能
  • 指定した残額を下回った際に知らせる「リマインダー機能」搭載
デメリット
  • Suicaカードからの移行が不可
  • Suica定期券の購入が不可(モバイルSuicaアプリで定期券を使用している場合は、Google Payからも継続購入が可能です。)

※Suica定期券、Suicaグリーン券、モバイルSuica特急券の購入や利用などのサービスを利用するには、モバイルSuicaアプリへの会員登録が必要です。モバイルSuicaアプリで利用できるサービスについては、こちらをご確認ください。

 

Suicaにチャージ可能なクレジットカード

日本で発行されたほぼ全てのクレジットカード(VISA、MasterCard、JCB、American Express)に対応していますが、海外で発行されたクレジットカード、及びデビットカード・プリペイドカード等は登録できません。

 

カード名還元率年会費旅行保険ショッピング保険
1.0%無料海外:2000万(利用)
国内:-
100万(90日)
39歳以下・WEB入会限定のカード!40歳以降も無料で継続できるお得なJCBカード!還元率は常に2倍の1%!
0.5%10,000円+税海外:1億円(一部利用)
国内:5000万(自動)
500万(90日)
ステータスカードの登竜門的存在!2年連続で100万円以上利用すると「JCBゴールドザ・プレミア」や「JCBザ・クラス」へ招待も!
0.5%1,250円+税海外:3000万(利用)
国内:3000万(利用)
100万(90日)
年間合計50万円以上の利用なら翌年の年会費無料!年間の利用金額次第でポイントが50%アップ!JCBオリジナルのスタンダードカード!

 

 

Google Payにnanacoを登録

Google Payにnanacoを登録するメリット・デメリット

アカウント情報を登録することで、新しいnanacoが発行されます。
既に「nanacoモバイルアプリ」を使っていれば、そのまま情報が引き継いで既存のnanacoを追加することができます。

 

Google Payで使えるnanacoと、nanacoモバイルアプリで利用できるサービスには違いがあるので注意が必要です。

 

機能Google Paynanacoモバイルアプリ
クレジットチャージ×※1
残高確認
取引履歴
センター預り分の受取り×※2
ポイントを電子マネーに交換×※3

※1チャージ金額のお受け取りには店頭での「残高確認」が必要です。
※2店頭での「残高確認」が必要です。
※3店頭レジで店員に「ポイントを電子マネーに交換します」とお声掛けください。

 

この他、機種変更(引継番号の取得)やパスワード変更、メールアドレス変更、メルマガの登録・解除などがGooglePayでは使えない機能になります。(nanacoモバイルアプリは可能)
クレジットカードでnanacoにチャージをする方は、nanacoモバイルアプリの方がオススメですが、アプリをたくさんインストールしたくないという方であればGooglePayがお手軽といえます。

 

nanacoにチャージ可能なクレジットカード

Google Pay上でnanacoへのクレジットカード等からのチャージは不可、店頭での現金チャージのみ(モバイルnanacoアプリからであれば可能)

 

 

その他の電子マネーにチャージ可能なクレジットカード

楽天Edyにチャージ可能なクレジットカード

日本で発行されたほぼ全てのクレジットカードに対応(VISA、MasterCard、JCB、American Express)
ただしビューカードなど一部カードを除く

 

WAONにチャージ可能なクレジットカード

イオンカードのみ(デビットカードは不可)。

 

QUICPayに登録できるクレジットカード

  • JACCSカード(Visa/Mastercard/JCB)
  • JCBグループ発行のクレジットカード・プリペイドカード・デビットカード※
  • Kyash Visa カード(プリペイド)
  • LINE Pay カード(プリペイド)
  • ゆめカード(ゆめかクレジット)、エクセルメンバーズカード
  • 楽天カード(アメックスは除く)
  • リクルートカード(JCB)
※JCBオリジナルシリーズ(JCB一般カード、JCB CARD W、JCB CARD EXTAGE、JCBゴールド、JCBプラチナ、JCB THE CLASSなど)。カード発行時にMy JCBのID・PWが自動発行されないクレジットカードは基本的に対象外。

 

iDに登録できるクレジットカード

  • ライフカード(Visa/Mastercard/JCB)
  • SMBCデビットカード

 

楽天カード

ページの先頭へ