LINE Pay(ラインペイ)のまとめ 使い方や決済方法、チャージ方法は?

最終更新: 2019/01/26
LINE Pay(ラインペイ)のまとめ 使い方や決済方法、チャージ方法を紹介

 

LINE Pay(ラインペイ)は、クレジットカードや銀行口座を登録したり、現金チャージすることで、LINE Pay加盟店での決済や、LINEの友だちへの送金が可能になるサービスで、LINE Payにある残高を銀行口座へ引き出す出金機能(現金化)も備えています。
出金には手数料216円/回が発生しますが、それ以外は無料で利用できます。

 

設定はLINEアプリの「ウォレット」から行い、ここでLINE Pay専用のパスコードが設定できるので、スマホを紛失した場合でもカード情報やチャージ残高が不正利用されることを防ぐような安心設計となっています。
また、毎月のLINE Payの利用実績に対して「マイカラー」が設定され、それに応じたポイントや特典が与えられる仕組みです。

 

 

LINE Payの4つの決済方法

現在は「コード決済、QUICPay決済、LINE Payカード決済、オンライン決済」の4種類の決済方法があります。
店舗側の導入のし易さから見ると、「コード決済」の人気に火が付きそうです。因みに、「マイカラー」キャンペーンで2019年7月31日まではLINE Payの「コード決済」を利用すればポイント+3%のキャンペーンが実施されています(詳しくは後ほど)!

 

1.コード決済
スマホに表示したバーコード・QRコードを読み取ってもらうか、店側が提示するQRコードをスマホで読み取るだけで決済が完了します。

LINE Payの残高が不足していれば、コード決済が利用できないので、事前にチャージしておきましょう。
いちいちチャージするのが面倒という方は、銀行口座を登録してオートチャージに設定しておくと便利です。

 

コード決済の詳しい手順はこちらの記事を参考に↓

LINE Payのコード決済>

 

【コード決済が可能な店舗】
ローソン、ファミリーマート、セイコーマート、ツルハ、サンドラッグ、くすりの福太郎、阪急百貨店、阪神百貨店、LOFT、メガネスーパー、ビッグエコー、ゲオ、ジョーシン、スターバックス、白木屋、魚民、笑笑、和民 など

 

2.LINE PayでQUICPay決済
2018年11月に非接触型決済「QUICPay(クイックペイ)」に対応し、QUICPay+加盟店約81万箇所でLINE Payの利用が可能になりました。

Androidのおサイフケータイ端末であれば、LINE PayアカウントをGoogle Payと連携することにより、LINEアプリを起動しなくてもスマホをかざすだけでLINE Payにチャージされた残高から支払いが可能になります。

LINE PayのQUICPay決済

 

【LINE PayでQUICPay決済が可能な店舗】
QUICPay+加盟店約81万箇所

 

3.LINE Payカード決済
物理的なプラスチックカードタイプで、国内外のJCB加盟店約3,300万店舗(2017年3月末時点)やネットショップでもクレジットのように利用できて、使うたびにポイントが貯まるお得なチャージ式プリペイドカードです。
LINE Payのカード決済

【LINE Payカード決済が可能な店舗】
コンビニ・スーパー・ドラッグストア・インターネットショッピング・カラオケなど国内外のJCB加盟店約3,300万店舗

 

4.オンライン決済

オンライン上のLINE Pay加盟店で支払う際、LINE Payを選択することで決済が完了します。
【オンライン決済が可能な店舗】
ZOZOTOWN、出前館、HMV ONLINE、FOREVER21、ラクマ(旧フリル)、SHOPLIST.com、honto、LINE STORE、. ST、まんが王国、ソク読み など

 

 

LINE Payのチャージ方法

LINE Pay使う場合は、まずLINE Payにチャージする必要があります。チャージには「銀行口座」「レジチャージ」「コンビニ端末」「チャージ専用口座」「Pay-easy」「オートチャージ(銀行口座が必要)」があります。銀行口座はない場合は、コンビニやPay-easy、チャージ専用口座でチャージが可能です。

 

銀行口座からチャージ

銀行口座を登録すると、いつでもLINE Payの口座にチャージが可能です。
チャージに利用できる銀行口座は、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、りそな銀行、ゆうちょなどの他、地方銀行にも対応しています。LINE Payであれば手数料がかかることなくチャージが可能が可能なため、ATM利用手数料の節約にもつながります。
また、便利なオートチャージ機能にも対応しています、

 

セブン銀行ATMでチャージ

セブン-イレブン店舗を中心に全国23,000箇所に設置されているセブン銀行ATMで原則24時間365日チャージが可能です。スマホを使う方法と、LINE Payカードでチャージする方法があります。詳しくはATM画面の案内に従ってチャージを行ってください。
チャージ手数料は無料で、入金(チャージ)は1000円単位となります。

 

①スマホでチャージする場合
LINE Payメイン画面のチャージボタンから「セブン銀行ATM」を選択し、表示されるコードリーダーでATM上に表示されるコードを読み取ることで取引が開始されます。

 

②LINE Pay カードでチャージ
セブン銀行ATMにLINE Payカードを挿入することで取引が開始できます。

 

LINE Payの登録方法、チャージ方法はこちらの記事を参考に↓

 

ファミリーマートでチャージ

LINE Payの「ウォレット」>「+」ボタン>コンビニチャージを選択し、チャージしたい金額を入力して、『ファミポート』の機械を操作した後、レジでお支払いを済ませるだけでチャージができます。

 

LINEポイントを支払に使用

LINE Pay 1ポイント=1円としてお支払い時に使用できます。
店舗でコード画面を表示してお支払いする場合、LINEポイントのポイント利用をONにすることで、ポイントが優先的に利用されます。

 

 

LINE Pay 「マイカラー」プログラムについて

1ヶ月間(1日~月末)の決済金額に応じて「ホワイト」「レッド」「ブルー」「グリーン」のカラーが割り振られ、各カラーごとにポイント付与率が変わります。※毎月1日午前10時にカラーが更新されます。
2018年8月1日~2019年7月31日の1年間、LINE Payの「コード決済」を利用すると、通常のマイカラーのポイントに「+3%」上乗せというキャンペーンも実施中です!

 

LINE PayホワイトLINE PayレッドLINE PayブルーLINE Payグリーン
1ヶ月あたりの決済金額1万円未満5万円未満10万円未満10万円以上
<基本マイカラー>
ポイント付与率
0.5%0.8%1%2%
“コード決済”キャンペーン+3%3.5%3.8%4%5%

 

楽天カード

ページの先頭へ