ショッピング保険付帯のクレジットカード

ショッピング保険はクレジットカード発行会社によって様々な呼び方があり、お買い物安心保険、ショッピングガード保険、ショッピングプロテクション、動産総合保険などと呼ばれますが、基本的な内容は同じと考えて問題ありません。

 

ショッピング保険とはカードで購入した商品に対して、一定期間内であれば火災や落下などによる破損や盗難といった損害の金額相当を補償する保険になります。修理可能なものであれば、修理代金が返ってきます。
例えば、「買い物から帰る途中で商品を落として壊してしまった」とか、「デジカメを水没させてしまい故障してしまった」とか、「海外で購入した商品が盗まれてしまった」などのトラブルでも保険が適用されます。もちろん保険付帯のカードで支払いをすることが条件になります。
補償金額や補償期間はカードによって異なるので、補償条件をご確認ください。

 

ショッピング保険付帯は年会費無料の一般カードではあまり見られませんが、ゴールドカードなどには100万円~300万円位のショッピング保険が付帯されている場合があります。もし海外などで高額な商品を購入する場合は、なるべくショッピング保険が付帯しているクレジットで購入するようにしましょう。また、保険の適用に関して「リボ払いで購入した商品に限る」といった条件が付いている場合や免責金額を設定している場合、国内や海外限定といった場合もあるので、事前に確認しておきましょう。

 

一般的な補償の対象となるケース
  • カードで購入した商品を不注意で壊してしまったとき
  • カードで購入した商品が火災で燃えてしまったとき
  • カードで購入した商品が盗難にあったとき(※盗難の場合には、警察署への届出が必要)

 

 

ショッピング保険付帯のクレジットカード一覧

楽天カード

ページの先頭へ