学生・新社会人向けのクレジットカード(学生カード)

クレジットカードは18歳(高校生は除く)から作ることができます。未成年であれば親の同意が必要となりますが、自分専用のクレジットカードを所有できるということもあり、大学、短大、専門学校などの入学を機にカードを作成する人が増えています。
カード会社からも学生専用のカードや年齢制限(例:26才以下)のあるカードを出しており、在学中は年会費が無料になったり、ポイントや補償内容が一般のクレジットカードより優遇されているものがほとんどです。

 

さらに、社会人になると次のランクのカードへステップアップできる学生カードもあるので、大学生・専門学生・短大生のうちに学生の特権を活かして計画的にクレジットカードを使いましょう!


クレジットカードは「使いすぎたら怖い」とか、「セキュリティが不安」といった声も聞かれますがご安心ください。限度額を低く設定しておけば、一定金額以上はカード支払いができなくなるので使い過ぎの心配はありません。セキュリティに関しても、もし不正利用された場合は至急カード会社に連絡することで保険が効きます。

 

学生の頃からクレジットカードを正しく利用する癖を付ければ、社会人になってもカードの使い方に困ることはありません。むしろ、大学生活でクレジットカードを使い倒せば、貯まったポイントで卒業旅行の航空券を手に入れるのも夢じゃありません!

 

おすすめの学生・新社会人向けカード

三井住友VISAデビュープラスカード

VISA

新規登録&アプリログイン最大8,000円プレゼント

18~25歳の方限定!お得な学生・新社会人向けカード!

安心・信頼のVisaブランド 世界No.1シェア!年1回以上の利用で年会費(1,250円+税)無料!ポイントが三井住友Visaクラシックカードの2倍で入会後3ヵ月間は5倍!お買物安心保険付帯付きで、「iD」対応だから小額の買物でもポイントが貯まる!「三井住友カードWAON」を追加発行すればWAONがオートチャージ可能!

  • 国内旅保険
  • 海外旅保険
  • ショッピング保険
  • 家族カード
  • ETC
  • 年会費1,250円+税(年1回利用で翌年無料)
  • ポイント期限2年間
  • 還元率1.0%
  • 海外旅行保険-

 

三井住友VISAクラシックカードA
アミティエカード

VISA マスターカード

新規登録&アプリログイン最大8,000円プレゼント

男性にお勧め「クラシックカードA」!
女性専用人気No.1「アミティエカード」!

在学中は年会費減額 or 免除!(卒業後は1500円/1250円)!海外・国内旅行保険が充実で最高2,500万円自動付帯!お買物安心保険付帯付きで、「iD」対応だから小額の買物でもポイントが貯まる!「三井住友カードWAON」を追加発行すればWAONがオートチャージ可能!

  • 国内旅保険
  • 海外旅保険
  • ショッピング保険
  • 家族カード
  • ETC

クラシックカードA

  • 年会費1,500円+税(在学中は250円)
  • ポイント期限2年間
  • 還元率1.0%
  • 海外旅行保険2500万円/一部利用

アミティエカード

  • 年会費1,250円+税(在学中は無料)
  • ポイント期限2年間
  • 還元率1.0%
  • 海外旅行保険2500万円/一部利用
エポスカード

VISA

今なら2,000円分のポイントプレゼント!

70種類以上のデザインから選べる!即日発行可能(マルイ店頭で受け取り)!

入会後1ヵ月間と、年4回(春夏秋冬)の期間中マルイでのお買い物が10%OFF!海外旅行保険の中で最も利用される「治療補償」額が最高水準クラス!世界38都市の現地デスクで旅行中も日本語サポート(24時間・年中無休)!ポイントアップサイト「たまるマーケット」経由ならポイント最大39倍!年会費無料のゴールドカードへの昇格チャンスあり!(※招待制)

  • 国内旅保険
  • 海外旅保険
  • ショッピング保険
  • 家族カード
  • ETC
  • 年会費無料
  • ポイント期限2年間
  • 還元率0.5%
  • 海外旅行保険500万円/自動

 

学生クレジットカードのQ&A

Q.アルバイトをしている学生は、アルバイトor学生のどちらで申込んだ方がいいの?

クレジットカードの申込みには「勤務先」を記載する欄があり、アルバイトをしている学生の方は「学生」か「アルバイト」を入力するのか迷うところだと思います。
仕事(アルバイト)をしていると収入があるので有利に働きそうに思われますが、実際のところクレジットカードの審査において、フリーター(アルバイト)は一番信頼が低いと言われています。
学生であればしっかりとした親の収入があると見なされやすく、「アルバイト」より「学生」で申込む方が審査が通りやすい傾向にあります。
また、学生カードと言われているクレジットカードを申込むのであれば、学生利用者を想定しているカードなので、「アルバイト」で申込むより「学生」の身分で申し込む方が良いでしょう。

  • 「学生」でも作れるカードなら、学生としてカード申請をする
  • 「学生」では作れないカードであれば、アルバイトの身分でカード申請をする

このように、大学生・専門学校生では作れないクレジットカードの場合のみ、アルバイトの身分でカードを申込みしてみてください。

楽天カード

ページの先頭へ