国内旅行保険付帯のクレジットカード

<国内旅行傷害保険>(国内旅行保険ともいう)は、国内旅行の際、万が一事故に遭ってしまった時などに補償してくれる保険です。
クレジットカードの保険付帯では海外旅行保険に注目しがちですが、国内旅行に頻繁に出かける方は国内旅行傷害保険が付帯されているカードもおすすめです。

 

国内旅行傷害保険は基本的に死亡・後遺障害時のみ

クレジットカードによって補償内容や適応条件など様々ですが、”.年会費無料のクレジットカード”で適応される範囲は、基本的には死亡した場合、や重度の障害が残ってしまった場合の「死亡・後遺障害補償」のみとなります。もちろん中には、事故によって入院、手術、通院が必要な場合に保険金が適用される保険もありますが、基本的には”年会費が有料のクレジットカードに付帯されている場合がある”と覚えておいて下さい。

 

海外旅行傷害保険と国内旅行傷害保険の意味

<海外旅行傷害保険>の場合は、病気や事故、盗難や賠償責任など幅広く保険が適用されるので、海外旅行を考えている方は確実にこちらの保険が付帯されているカードを所有する事をお勧めします。自動付帯(※)であれば、そのクレジットカードを一度も使っていなくても所持しているだけで保険が適用されるので、これほどお得なことはありません。
<国内旅行傷害保険>の場合は、先ほども説明しましたが基本的な適用条件は”死亡・後遺障害のみ”です。この保険は死亡した場合や事故で障害が残ってしまった場合に適用されるので、自分のための保険というよりも、家族のための保険という意味合いも含まれます。
もしもの時に遺族へ保険金を残すことができるということを考えると、家族がいる方は国内旅行保険が付帯されているものも視野に入れておくとよいと思います。

 

※自動付帯と利用付帯
自動付帯・・・一度もカードを使用しなくても自動的に保険が適用されます。保険料なども特に発生しません。
利用付帯・・・旅行の費用、ツアー代金等をそのカードで支払った場合に保険が適用されます。保険料などは特に発生しません。

 

 

国内旅行傷害保険付帯のクレジットカード一覧

 

楽天カード

ページの先頭へ