海外旅行保険付帯のクレジットカード

<海外旅行傷害保険>(海外旅行保険ともいう)とは、海外旅行先で万が一事故にあったり、病気にかかってしまったり、盗難に合った場合に保険金が受け取れるという内容になります。
海外旅行へ行くと、ほとんどの人は事前に海外旅行傷害保険に加入してから渡航します。
というのも、海外は日本とは違い基本的に医療費が高額です。

  • アメリカで盲腸の手術をした場合、3日間の入院で200万円
  • 日本で盲腸の手術して、入院1週間で30~40万円

こういった理由から、多くの人が海外へ旅行する際は保険を利用しているのです。
しかし、旅行へ行くたびに保険に加入するのは面倒だったり、お金も掛かります。1週間の旅行で保険料は3,000円前後が目安です。

 

そこで、注目していただきたいのがクレジットカードの<海外旅行傷害保険付帯>です。
保険料は0円と節約することができる上に、保険付帯のクレジットカードを所有している間は何度も保険が利用できるので、旅行の旅に保険に加入するという手間もありません。


保険の補償内容に関しては各クレジットカードにより異なるので、事前に内容をしっかり確認し、自分に合った補償が受けられるカード選びをお勧めします。

 

自動付帯と利用付帯について

クレジットカード海外旅行傷害保険付帯には、大きく分けて自動付帯と利用付帯というものがあります。
<自動付帯>は、カードを使用しなくても所持しているだけで自動的に海外旅行保険が付帯されます。出発前の手続きも不要なので、海外旅行によく行かれる方や、余計な手続きが面倒な方におすすめ!

 

<利用付帯>は、航空券やツアー旅行などの費用や旅行先の交通費をカードで支払うことによって適用されます。

 

利便性を考えると自動付帯のカードが選びがちですが、利用付帯の場合でも、旅費をカードで支払う等の条件を満たすだけで自動付帯のカードと同様の補償が受けられますので、補償内容をしっかり確認した上で、自分に合った補償が受けられるカード選びをお勧めします。

 

補償の詳細内容について ※JACCSカードの場合を例に
補償項目 補償する場合
傷害死亡 偶然な事故によるケガが原因で、事故の日を含めて180日以内に亡くなられたとき
後遺障害 偶然な事故によるケガが原因で、事故の日を含めて180日以内に後遺障害を生じたとき、その程度に応じて
傷害治療費用 事故の日を含めて180日以内に偶然な事故によるケガが原因で医師の治療を受けられたとき
疾病治療費用 疾病が原因で旅行期間終了後48時間以内に医師の治療を受けられたとき、または特定の伝染病が原因で14日以内に医師の治療を開始したとき
賠償責任 他人の身体の障害または他人の財物の破損または紛失について法律上の賠償責任を負ったとき
携行品損害
(免責 3,000円)
携帯品が盗難、破損、火災などの偶然の事故にあって損害を受けたとき
救援者費用 捜索救助等が必要になった場合

※カードの種類によっては保険内容が異なる場合があります。
※本内容は、予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

楽天カード

ページの先頭へ